バス釣りにおすすめの2級湖川小出力限定免許取得の体験談


pixta_22834948_S

現在29歳の大阪住まい会社員です。私は昔から、釣りが大好きな人間でした。父にお願いをして大阪南港の海釣り公園などにも、足を運んで、サビキ釣りなどをおこなっておりました。

私が高校生くらいになるとそれだけでは満足をすることができずに、琵琶湖まで足を運び、ボートを借りて、そこでバス釣りも体験しました。高校を卒業して、社会人になっても、月に最低でも2回は釣りに行っていました。

 「バス釣りにおすすめ」と言われたのが2級湖川小出力限定免許取得のきっかけ

20歳の時、釣り仲間の友人が「陸地の釣りよりボートを出して釣りにいくほうが良く釣れる」と言って、2級湖川小出力限定免許を取得すると言いはじめました。友人いわく、2級湖川小出力限定免許は運転できる船が限られていて「バス釣り向け」とのこと。「操船できる船が限られているから試験も簡単で合格率も高いらしいよ」と当時話していました。友人が実際に2級湖川小出力限定免許を取得して、釣りにいったら大量に魚を釣ることができたという話を聞いて私も取得をしたいと思いました。

趣味程度であれば、ボート免許は取得はしなくてもいいかと思いますが、私は現在勤めている会社に定年まで勤める気はなく、将来は自分の船をもって、漁船を操縦したいという夢があります。今は、貯蓄を貯めるために仕事をさせていただいております。しかし、27歳くらいまでは、仕事が忙しく、暇などがなかったので、免許を取得しにいく時間がありませんでした。

大阪の教習所で2級湖川小出力限定免許を1日で取得

ようやく中堅社員としての仕事に余裕などもでてきたので、長期休暇を取得して、大阪ボート連盟が運営を行っている、「登録小型船舶教習所」に足を運んで免許を取得させていただきました。2級湖川小出力限定免許を取得するための教習料金なども、約50,000円と思ったよりも安かったのでよかったと思っております。教習にかなり時間がかかってしまうのではないかと思っておりましたが、一日で取得をすることができました。

取得の流れとして、書類で申し込みをおこない、学科教習と、そのカリキュラムを受けての知識がしっかりとついているかの、修了試験を受けました。その試験を通過すると、今度は実際に船を操縦しての実技教習を受けて、実技の修了試験をうけました。試験官に言われたとおりに、船を操縦して、制限時間以内に、決められたコースを運転するといった流れでした。全て一発で合格をして、2週間後に再度教習所を訪れて、免許を取得させていただきました。

魚群探知機を購入してボートでの釣りを満喫

実技教習のときなどは初めて、自分で船を操作させていただいたので、その感動は今でもはっきりと覚えております。教習所で気の合う釣り仲間なども作ることができたので、この教習は私にとってほんとうに有意義な期間になりました。

そして今年の4月に琵琶湖まで足を運んで、船をレンタルして、初めて船釣りをさせていただきました。魚群探知機なども購入して、自分の狙ったポイントのほうまで船を操作して釣りをしました。そのときはバスを大漁に釣ることができたので、ほんとうにうれしかったです。やはり陸で釣りをするのと船を操縦して、自分の狙ったポイントで釣りをするのとは、環境や条件が全く違いました。来月にまた釣り仲間と一緒に琵琶湖に行って、船を操縦してバス釣りを楽しみたいと思っております。

まだまだ自分自身も免許は取得をすることができましたが、船の操縦は、不慣れなところもあるので、実践を重ねて、船の操縦の向上を目指していきます。まだ詳しい予定は立ってはおりませんが、特殊小型船舶免許を取得して、水上ジェットスキーなどもしたいと考えております。これからの休日の釣りが本当に楽しみで仕方がありません。