2級小型船舶免許を取得して大好きな釣りがさらに楽しくなった 20代男性


pixta_19826675_S

船上はプライベートな空間

2級小型船舶操縦士の免許を5年前に取得しました。筋金入りの釣り好きで、小学一年生のときからずっと釣りをやってきました。それが高じて、2級小型船舶操縦士の免許を取得して、釣りをより楽しもう、と考えたわけでした。

取得してから、釣りがもっと面白くなりましたね。「よし、釣りたいから船乗るか」と言って、仲間たちと気軽に出かけられるようになったのは、本当に楽しいです。

船上はかなりプライベートな空間なんです。個室の居酒屋でわいわいやったり、カラオケボックスで騒いだりと同じように、船上は、自分たちだけの空間です。なので、本当に気軽に、わいわいやることが出来ます。「自分たちだけの空間で、釣りができる。」正直、これが一番取得してよかった点かも知れません。

ホームグラウンドは、猪苗代湖です。艇はFW-20Ltdで、釣りにこれ以上うってつけの艇はない、というくらいの素晴らしい艇です。と言っても、購入したわけじゃないんです。レンタルです。免許取得を考えてから知ったのですが、船のレンタルはかなり色々なところがやっているんです。

これで、仲間たちと猪苗代湖に出ていきます。免許を持っているので、毎回多少感謝されます。スポーティで、鋭い外観の艇を、毎回サングラスをかけて運転します。海ではないのに、海の男になった気分です。仲間たちとわいわい言いながら運転し、釣りを始めます。

2級小型船舶免許を取得したきっかけ

釣好きが高じて、2級小型船舶免許を取得しましたが、かなり簡単に取れるんです。私が取得したのは、二十歳のときでした。別に船は好きでもなんでもなかったのですが、釣りのとき便利だなという気持ちで、取得を目指しました。調べると、結構簡単に取れるし、船ってかなりカッコいいな、と思って、踏み切ったのがきっかけでした。

近所に海はないし、練習するための艇もないので、スクールに通うことにしました。2級と1級があって迷ったのですが、2級小型船舶免許で間に合うだろうと思い、こちらにしました。当初は、1,2カ月かかるんだろうと思っていましたが、2日で取れました。でも正直、独学は難しいかもしれません。実技試験があるので、独学だとそのあたりでつまずく気がします。

私が通ったスクールは十万円ほどで講習が受けられました。学科講習を1日やって、次の日に実技講習を1日やって、講習は終わりでした。なんだ、これだけでいいんだという感じでした。めちゃめちゃ大変だという、先入観があったせいかもしれません。

その次の日が、もうテストでした。つまり、学科講習を1日受けて、その次の日実技講習を受けて、翌日すぐ国家試験、という流れです。

釣り好きにおすすめ!案外簡単に取得できる2級小型船舶免許

もし釣りのために取りたいのであれば、かなりおすすめです。やる気さえあれば、本当にすぐ取れます。船舶免許を取得するためのスクールはかなりたくさんあるので、日本のどこに住んでいても、近くに取得できるスクールがあると思います。

私は当時、大学生だったので、夏休みを利用して取得しました。まず午前9:30から12:30まで、3時間の学科を受けます。一時間休憩をはさんで13:30から17:30まで講習を受けました。

実技も同じスケジュールで、6時間受けました。これだけで大丈夫かな、と思いましたが、問題ありませんでした。車の免許に比べるとだいぶ簡単でした。
国家試験は、9:15から12:00まで筆記で、13:00から実技です。

釣りのために取ったので、釣り竿と一緒に出掛けています。行ったことがあるのは、大阪湾と猪苗代湖だけです。船に乗って釣るのも好きですが、イワナ釣りなど川釣りも好きですし、私の場合、取っても以外に使わない感じです。でも、二カ月に一度は利用してるので、やっぱり取得してよかったかなという感じです。