小型船舶免許 模擬試験問題パート2


Yacht

次回に引き続き今回も学科試験の模擬問題クイズを出してみたいと思います。ボートの免許をとるためにどのくらいの知識が必要なのか?参考になると思います。

前回の問題はどれだけ正解しましたか?では、早速模擬試験問題を出題していきますので挑戦してください!

Q1ボートの保険について適切なものは次のうちどれでしょうか?

①特殊小型免許の保健には入れない。

②自分のボートの使用目的に合った保険を選ぶ。

③ボートの損傷だけ保障の対象である。

④ボートを所持する人はみんな保険に入らないといけない。

Q2小型船舶免許の有効期限は何年でしょうか?

①3年

②5年

③8年

④1年

Q3航行中の2隻の動力船間に衝突の恐れがある場合、どのようにして衝突をさけなければいけないと決まっているでしょうか?

①双方の船舶の左舷側を通過することが出来るようにそれぞれ針路を右に転じなければならない。

②双方の船舶の右舷側を通過することが出来るようにそれぞれ針路を左に転じなければならない。

③お互いに気をつけていればどちらがわを通過しても良い。

Q4衝突の恐れについてカッコの中に入る言葉を選びなさい。

「接近してくる他の船舶の(  )に明確な変化がないときは、衝突する恐れがあると判断しないといけない。」

①距離

②針路

③速度

④コンパス方位

Q5海図からは知ることが出来ないものはどれでしょう。

①停泊地の水深

②予定針路上の危険箇所があるかどうか

③海峡通貨時の潮の流れ

④目的地までの距離

Q6河口付近の注意事項として適切なものはどれか。

①河口付近は潮の流れが安定しているのでいるので安心して航行できる。

②潮汐の影響があるため事前に河口付近の潮汐を調べておく。

③比較的上流付近に比べて流れが緩やかである。

④大雨の後は特に流れが穏やかである。

Q7小型船舶の安定について述べていないものはどれか。

①重心が高くなると、船の動揺はゆるやかになる。

②低いところにばかり重い荷物を積むと、重心は低くなる。

③甲板の水はけが悪いと、重心は低くなる。

④ボートに乗船している人が一斉に立ち上がると、重心は高くなる。

Q8まっすぐの針路で航行しているのに船首尾に対して航跡が左斜めになる原因としてあてはまるものはどれか。

①左舷側から風の影響を受けているため。

②スクリュープロペラが左回転のため。

③コンパスの時差の改正が間違えいるため。

④左舷側から海潮流を受けているため。

回答

Q1②

Q2②

Q3①

Q4④

Q5③

Q6②

Q7③

Q8①

今回はちょっとボートのことについて専門的な知識が必要なことがありましたがどれだけ正解できましたか?学科講習では船のルールや構造など様々なことを学習します。

そして、今まで知らなかった海のトリビアなど講習講師によって教えてくれることもあるのでとっても楽しいです。