マリンスポーツを極めてみたいと思って取得した船舶免許


imasia_15056648_L

私は、海が大好きなので、マリンスポーツを極めてみたいと思ったのが船舶免許を取得した最大の理由です。

船舶免許取得の勉強は、海や船に関わる事全般を学べてよかった

ジェットスキーもしてみたい、でも、小型船舶と特殊免許に分かれる前だったので、その時取っておけば、船舶もジェットスキーも一つの免許で大丈夫とのことだったのでこの時を逃してはいけないと思いました。

また、弟も釣りが好きでボートにも興味があったので、二人で一緒に講習を受ければ、割引もあるし、丁度良いということになり弟と一緒に免許を取りに行きました。

特にスキューバーダイビングが好きなので、いつかインストラクターになった時には、ボートの免許が必要になってくるのではないか、ボートを運転することがなかったとしても、海の雑学は知っておきたいと思ったのがきっかけです。

船舶免許の勉強で、サーフィンや漁師、ダイビングなど、海や船に関わることの全般を学ぶことができて役立っています。

また、当時は若かったので、ボートの免許を持っているとカッコイイのではないかというステータスのようなものも感じてみたかったというのもあったと思います。

船舶免許の勉強は難しかったけど、取得できて良かった

学科の勉強はオジちゃん先生がいろいろと覚えやすいように丁寧に教えてくれたのが印象的でした。海のルールは空にも陸にも繋がってるんだなあ。と自然大好き派の私にとっては、いろんな知識が繋がって、いろんなものを見るときの楽しさもいっそう増えたような気がします。

勉強はけっこう難しかったです。短い期間で覚えることがあまりにも多すぎて試験まで苦しかったことを覚えています。

実地練習も1回だけでこんなんでいいのかと思いましたが、結構簡単で面白かったので、もっとやってみたかったです。ただ、寒い季節で小さなボートのでの練習だったので、トイレに行けず、とてもつらかったことが印象的でした。トイレ休憩を入れて2回に分けるとか、トイレ付きのボートにするとかの気遣いがあればもっとよかったのにと、トイレに行きたかった思い出ばかりが残っています。

免許を取った後、更新するための費用が高過ぎるのがなんとかならないかと、いつも悩みの種です。免許を取るのも高かったけど、維持するのも大変です。そして、見せられるビデオが事故ばかりで身が引き締まりますが、怖すぎ。

海は素敵だけど、危険と隣り合わせであることをいつも思いに留めながら海を楽しんでいます。

船を自分が運転することはほとんどありませんが、いろんな豆知識が増えたことや、船に乗った時の見方が多少変わったことなど考えてみると船舶免許を取って、良かったと本当に思っています。