小型船舶実技試験〜出港前点検事項〜


imasia_11870401_L

もう4月も終わりだというのになかなかすっきりとしない天気が続いていましたね。ゴールデンウィークには晴れて欲しいものです!

そして、大阪なら大阪湾から海に琵琶湖に出かけてマリンレジャーをおもいっきり楽しみたいですよね!

今回は実技試験でも行われている出航前の点検事項について書いていこうと思います。免許をすでに取得されている方でも初心忘れるべからず!再度チェック事項を振り返りより安全に気をつけマリンレジャーを送りましょう。

 船体外部の点検を行います。

実技試験では、まず船体外部の点検からスタートします。

車の免許試験の場合も、乗車する前に前に色々と周りを確認したりしますが、それと同じくボート免許試験でもボートに乗船する前に確認事項があります。

試験の時は下記のことを大きな声ではっきりと試験官によく聞こえるように、点検箇所を指差ししながら行ってください。

船尾係留よし!

船首係留よし!

船首よし!

甲板よし!

右舷よし!左舷よし!

船尾よし!

推進器よし!

乗船します!

船体安定よし!

左舷よし!右舷よし!

船体外部の点検終わります。異常ありませんでした。

 以上が、船体外部の点検になり続いてエンジンルームの点検に移っていきます。

この時も、船体外部の点検と同様に大きな声で指差し点検しながら確認してきます。

エンジンルームの点検を行います。

ビルジなし!
(船底にたまっている水のこと)

エンジン取り付けよし!
(エンジン本体を強く押してみても取れないかチェックします。キャブレターを押さないように気をつけましょう。)

燃料コックよし!

燃料ストレーナよし!

燃料系統よし!

Vベルトよし!
(Vベルトは押してみて1㎝くらい撓みがあるか確認してください。)

電気系統よし!
(点火コイル。プラグ。配電器。高圧コードの確認)

エンジンオイル量質ともによし!
(ゲージを抜いてタオルかなにかで拭き取りもう一度さして、抜き取りオイルの量とオイルが濁っていないかを確認してください。)

バッテリーターミナルよし!

バッテリー液量よし!
(液量が極板の上1㎝くらいのところまで入っていればOKです。足りない場合は補充してください。)

メインスイッチよし!

エンジンルームの点検終わります。異常ありませんでした。

 このような流れで実技試験の時にも点検を進めていきます。

私が受験した時は、まず試験官がはじめにお手本を見せてくれて試験をしました。指差ししながらの点検は焦るとアタフタしてしまいがちなので落ち着いて一つ一つ確実に点検していきましょう!

次回は装備の点検と操縦席の点検についてです。お楽しみに!!!

大阪でボート免許なら