ボートフィッシングが趣味で2級小型船舶免許を取得した40代男性


趣味はボートフィッシング

ボートフィッシングが趣味で家族と船で沖に出る事も

現在は友人や仕事の関係の人とルアー釣りをメインに愛艇「ヤマハUF-23」とエンジンはホンダのBF90D LRTN
で遊んでいます。

メインの遊び場は名古屋港の湾内でナイトシーバスを主に楽しんでいます。

私は結婚しており嫁と男の子が二人おりますので、夏になると家族サービスでセントレア中部国際空港の沖のあたりでキス釣りなどもやりますし、アジが回ってきたと情報が入れば船サビキなどもやることがあります。

キスやアジの釣りは釣りとしては簡単で、また釣れるときは大漁に釣れますので嫁も子供もとても喜んでくれますし、食べてもおいしい魚ですので、家に帰ってからも楽しめますから年に数回は行くようにしています。

シーバスのボートフィッシングに先輩に連れて行ってもらった事がキッカケで2級小型船舶免許の取得を考えた

私が2級小型船舶免許を取った理由ですが、中学生のころから釣りが趣味で、当時はバス釣りをメインでしておりました。

主におかっぱりやフローターでの釣りが主で、バス釣りをしているときはフローターから見ていて、バスボートに乗っている人はあまり釣っているように見えなかったし、フローターで釣っている前を走って行ったりする人が多くいた印象がありましたので、ボートフィッシングの人たちにあまり良い印象を持っていませんでした。

考えを変えたきっかけですが、就職したところの職場の先輩の趣味が、海でのシーバスなど乗合船でのルアーフィッシングでしたので、誘ってもらううちに自分もはまり込んだのがそもそもの発端になります。

私は中部地区在住ですので、シーバスのボートフィッシングはチャーター船に乗る場合は名古屋港の湾内が主なポイントになります。

ハマってきたころは月に1~2回はチャーター船に乗るようになりましたので、費用わりと必要でした。

何回かチャーター船に乗るうち釣るポイントも分かってきましたし、当然自宅も近いですから「自分でボートを買えば好きな時に釣りに行ける」と考え、また費用面からも船を持っていれば安く遊べるだろうと思いましたので、次第に買うことを検討し始めました。

当然、船を操船するには免許が必要とは知っていましたので、まず2級小型船舶免許を調べてみると、費用は掛かりますが難易度は高くなさそうでしたので、当時は独身だったこともあり、少しは金銭的にも余裕があったので、まず免許だけでも取ろうと思い取得しました。

旅先でも船をレンタルできるから家族の満足度が高いのがうれしい

旅行やキャンプに行ったとき、例えば和歌山ですとか福井とかですが、近くにレンタルボートがあれば半日程度借りて、クルージングをすることができます。

当然免許を持っていないと借りれませんし、家族サービスでのアウトドア・アクティビティとしては満足度が高いので、こんな時は2級小型船舶免許を取得して良かったと感じます。

また釣りに関しては、ブリなどのジギングもするようになりましたが、こういう釣りは船頭の腕が釣果に影響しますので、コストパフォーマンスを重視して自分のボートで(見よう見まねで)やってみたことはあります。

ただ、結果が伴いませんでしたので、この手の釣りは遊漁船のお世話になることにしています。

なので、全てについて節約できているわけではありません。

手軽に出せるアキレスのゴムボートに興味がある

私が今所有しているボートはプレジャーボートにしては小さい方だと思いますが、それでもトレーラーで引っ張っていくのは大変ですし、遠征の際は船を下すところを探すのが大変で漁港の方などにお願いして出させてもらうことが多いです。

この手間から逃れたいので手軽に出せるアキレスのゴムボートに興味を持っています。

免許は持っていますので、10馬力程度のエンジンを付ければ釣りやちょっとしたクルージングくらいならできるでしょうし、砂浜からでも出せるんじゃないかなと想像したりします。

ボートはアキレスのLW-310RXでエンジンはトーハツMFS6CSあたりがアキレスからセットで出ていますし、お手頃ですので良いと思っています。

大阪でボート免許を取得してボートフィッシングを楽しみたいなら、国家試験免除のシーメンズへ!