小型船舶免許を取得すると決めてから悩んだ事


3艘のボート

小型船舶免許って憧れますよね。 「船を操縦できるの?」「海を自由に航海できるの?」「友達とクルージングなんて最高!」などなど、憧れる理由はたくさんあります。

ただ、船舶免許を取ろうとした際に、結局のところ取得したとしてどう使うんだろうかと悩んだ経験があるので、同じような事を考えた方のためにお伝えします。

どの小型船舶免許を取得するか悩んだ

漠然と小型船舶免許の取得を考えたので、どれを取ればいいのか悩んでしまいました。

小型船舶免許は全部で3種類あります。
「1級小型船舶免許」「2級小型船舶免許」「特殊小型船舶免許(水上オートバイ)」の3つです。

  • 航海できる距離
  • 船の総トン数(大きさ)
  • 水上オートバイは特殊小型船舶免許でのみ操縦可

といった違いがあり、何をどう選んでいいのか分かりませんでした。

ただ、「近場で友人たちと釣りを楽しむ」のであれば、2級小型船舶操縦士で十分可能です。

仮にかなり遠くの海に出かけたい場合は、1級小型船舶免許が必要ですが、そもそもそんな遠くに行かないし、きっとマリンスポーツを楽しむ程度になりそうだと思いました。

よって私は、2級小型船舶免許を取ることにしました。

2級小型船舶免許をどうやって取得するのか悩んだ

よし!取ろう!と思っても免許なので、勉強が必要です。本屋さんに行けば2級小型船舶免許の勉強本もありますが、ロープワークがとくに分かりにくく、苦戦したこともあり、時間をかけて勉強して試験に落ちるよりも短期的に集中して取得する方がいい!という結論にいたったので、ボート免許教室に通うことにしました。

ちなみにボート免許教室を選んだ理由はもう一つあり、約2日間通って学科、実技、修了試験のそれぞれをクリアすることで「国家試験」が免除になり 2級小型船舶免許が取得できるのです。

また費用は12万円程で済みました。約2日間で12万も?と悩みましたが、独学で数ヵ月勉強してわざわざ国家試験の受験料を払ってもし落ちた場合の事を考えると、案外安いと感じました。

時間が掛からないに手間もかからないので、思ったら即行動したい私にとっては非常に嬉しいシステムでした。

2級小型船舶免許を取得しても船はどうするのか悩んだ

そして「よし!所得したぞ!」という時です。

すぐすぐに船なんて買う余裕なんてありませんでした。 船は中古であれば50万円〜100万円で買えるそうですが、ヤマハの新品ボートだと250万円はします。

しかもそれに加えて

  • 船の保管場所
  • 船のメンテナンス費
  • 保険料諸々

でまた何十万円と年間でかかります。

「でも、免許を取ったんだから乗りたい!」と思って色々調べていると、船をレンタルできることがわかりました。

私は、スズキの8人乗りボート。簡単なクルージング向けで一日利用で12800円からレンタルできたので、試しに使ってみました。

他にも更に大きくオシャレなもので、ヤマハのものが3時間利用で27800円からと、購入することと比べればお手軽です。

レンタルであれば船の保管費用、メンテナンス費用、保険料もいりませんので、遊びたい時にお金を出せばいいだけなので便利です!

船舶免許を取る時は悩みはあったけど、取得するといろんな楽しみ方をしています

私が2級小型船舶免許を所得しようとした際に、踏みとどまってしまった、思い悩んだことをまとめてみましたが、結局のところ、2級小型船舶免許を取得してからは、ウェイクボードを楽しんだり、沖釣りを楽しんだり、今までやったことが無い事に挑戦できるので非常に充実したライフスタイルをおくっています。

いままでやったことが無いことは誰もが心配になると思いますが、 船舶免許を取得するのであれば、ボート免許教室に通うのが手っ取り早いし、なんだかんだで安く収まるんじゃないかなと思います。

大阪の南港のボート免許教室はこちら